これから独立し認定支援機関登録する会計士に読んでほしい!! 【登録申請書編】

開業準備

どーも、イケダン会計士です。

今回は、経営革新等支援機関(以下、「認定支援機関」という)の登録申請書類の書き方等について紹介してきます。

認定支援機関登録すると仕事の幅も増えますし、しかも公認会計士ならば書類だけで申請できますので、申請しない理由は特段ないと思います。

いつもと同じく、今回も私のケースで紹介していきます。

  • 個人の公認会計士として独立開業(中野区)
  • 監査法人勤務経験あり(14年)
  • 独立初年度(過去実績なし)

 

参考となるホームページ

認定支援機関の登録申請にあたり参考となるホームページは以下の2つがあります。

  1. 中小企業庁(『経営確認等支援機関の認定申請』)
  2. 関東経済産業局

いずれのホームページにも、登録申請のためのひな形、記載例等が掲載されていますが、中小企業庁のホームページでは、『※関東局管内の申請の場合、申請前に必ず関東経済産業局HPをご覧下さい』と書いてあります。

このため私は、関東経済産業局HPにあるひな形、記載例等を参考にしました。

 

登録申請に必要となる書類等

登録申請に必要となる書類、提出媒体、部数は以下の通りです。

書類名 データ(CD-R)
認定申請書 2 1
認定支援機関公表事項登録シート(金融機関以外の者のみ) 2 1
登録証明書(公認会計士) 2 不要
個人事業の開業・廃業等届出書(控)コピー 2  不要

 

申請書類と認定支援機関公表事項登録シートはともに関東経済産業局HPにひな形があります。

登録証明書は、公認会計士協会が発行してくれます。通常は発行費1,000円ですが、認定支援機関登録用は無料で発行してもらえます(オンラインで発行可能です)。

登録証明書には、「5.事務所名称」の項目があり、ここを自分の事務所名にする必要があるので、名義変更後に登録証明書を発行する必要があります。

 

個人事業の開業・廃業等届出書は、税務署に提出した書類です。

関東経済産業局HP、中小企業庁HPには必要であることが記載されていませんが、開業初年度に登録申請する場合には提出が必要になると言われました(関東経済産業局HP電話問い合わせ)。

 

 

認定申請書の間違いやすいポイント

ここでは、認定申請書の書き方で間違いやすいポイントを中心に紹介していきます。

関東経済産業局HP、中小企業庁HPの記載例にも丁寧に書かれていなかったため、関東経済産業局と中小企業庁に電話して教えてもらいました(すべて書いておけば仕事が減ると思うのですが…)。

 

二 経営確認等支援業務の実施体制 > 4.事業基盤における所得金額

個人の場合には、『申請前決算済3期の所得金額』を表形式で記載する必要があります。

『赤字が1~2期ある場合…』等の注書きはありますが、『開業初年度の場合』の注書きはないです。

この点を中小企業庁に電話で問い合わせしたところ、以下の記載例をEメールで送っていただけました(やはり問い合わせが多いポイントなのでしょう)。

『申請後決算3期の収支予測』を記載すればよいです。『収支』ってことは、『現金主義で書くのか、でも所得とも書いてあるし』とか細かいことを言ってはダメです(笑)

 

専門的知識を有する証明書 >2.経営確認計画等の策定を行う際に、主たる支援者として関与した計画

『やったことがない人はどう書くのだろう、もしかしたら研修とか必要なのでは』と疑問に思い、中小企業庁に電話で問い合わせをしました。

『公認会計士として申請要件を満たしていれば、記載は不要です』と言われました。

『申請要件』とは次に紹介する実務経験証明のことです。

当該記載が不要ということは、『4.支援者からの関与を有する証明書』についても当然に不要となります(記載例の9ページの備考1にその旨が記載してあります)。

 

実務証明書

記載例には、2つの記載例が紹介されています。

  1. 『経営革新等支援業務に係る1年以上の実務経験を有することに相違ないことを証明します』
  2. 『中小企業等に対しる支援に関し、3年以上の実務経験を有することに相違ないことを証明します』

ここで疑問点が2つ。

  1. そもそも独立した会計士はだれに証明してもらうのか?退職した勤務先、自己証明でいいのか?
  2. 証明は1年と3年の2つ必要なのか、それともいずれか片方でよいのか?

注書きにも記載がないので、この点についても中小企業庁に電話で問い合わせをしました。

 

1.そもそも独立した会計士はだれに証明してもらうのか?退職した勤務先、自己証明でいいのか?

『自己証明でOK』、だそうです。

 

2.証明は1年と3年の2つ必要なのか、それともいずれか片方でよいのか?

『公認会計士で登録申請する場合には、1年以上の財務業務、3年以上の監査経験が必要』、だそうです。

『財務業務ってどの範囲?』、『監査ってどの監査?』と疑問に思ったので追加質問したのですが、曖昧な回答しか頂けなかったです…厳密な定義はない(考えていない)ようでした。

 

★★★★★★★
【編集後記】
現在HP制作中
なかなか手間ですが勉強になりますね。