これから独立する会計士に読んでほしい!!【開業準備 初期投資編】

開業準備

ども、イケダン会計士です。

今回は、『これから独立する会計士に読んでほしい!!【開業準備 初期投資編】』ということで、

個人事務所として独立開業した場合に、初期投資はどのくらいかかるのか、何にいくらぐらいつかったのか?を紹介してきます。

独立を考えている同業の皆様の参考になれば幸いです。

 

前提

今回も私のケースで初回していきますので、以下の前提であることをご承知おきください。

  • 個人事務所として独立(公認会計士、税理士)
  • 事務所は借りずに自宅開業であること(敷金、礼金、家賃等なし)
  • 従業員はいないこと
  • 初期投資として集計する期間は独立决定から開業届提出まで(約2ヶ月間)

 

初期投資合計

私のケースでは、初期投資合計額は、・・・・・ 667,000円 でした。

どうですかね~、高いですか、安いですか?

私としては、『あれっ、事務所借りてないわりにけっこうかかったな』と感じています。

まぁ、それにはきちんと理由がありまして(悲)。

 

何にいくら使ったか

では、内訳を紹介していきます。

やはり、所業柄必需品、常時使用しているPCが、55%を占め370,000円となっています。

これには、ちょっと理由がありまして。

370,000円は2台分です。

私は、(ノート)PCを2台買ってしまいました。

15インチと13インチです。

はじめは15インチだけ購入して13インチは買う予定はなかったのです。

がしかし、15インチだと、『なかなか気軽に外に持ち出せない』と感じ(単なる言い訳ですね)、直前に13インチを買い足してしまいました。

2台買ったので370,000円ということもあるのですが、買ったPCのランクも、比較的上位モデルを買ってしまいました。

これも『せっかく独立して好きなPC使えるんだし、毎日使うものだし、テンションあげて仕事したい、PCに向かいたい』と思い(これも言い訳ですね)、比較的ハイスペックなものを購入してしまいました(特に1台は)。

たぶん、会計士として独立し通常業務をこなすうえでは、そこまでハイスペックなPCは必要ではなく、私のケースはむしろ過剰投資かと。

『んんん、なんの機種を買ったんだ?』とお感じの方もいらっしゃると思いますが・・・

たぶん何回か画像も出していますが、『MacBookPro』を購入してしましました。

このPCの話をすると、ここに至った経緯、それを選んだ理由等、長くなりますので、また今度詳しく紹介したいと思います。

 

税理士登録関係は、主に登録申請時にかかった費用です。登録免許税と登録手数料がほとんどです。

たぶん、支部面接時等、これ以外にも支部に支払うものが今後でてくるのだと思います。

 

PC周辺設備は、ソフトウェア、モニター、マウス、USBケーブル等々です。

ソフトウェアといっても、これには会計ソフト、税務ソフトは含まれていません(実は会計ソフト、税務ソフトはまだ買っていないです)。

『MacBookPro』を選択したために購入せざるをえなかったソフトウェアです。

これについても後日紹介させていただきます。

 

スマートフォンは、プライベートのものと区別するために業務専用で使えるように購入しました。

ただ、プライベート用と仕事用のもの2台持ちは、荷物になるし、忘れてしまうリスクもあったので、1台持ちとしました。

最近は便利なスマートフォンもあるんですね。

いわゆる『DSDS』っ機種です。

これも話が長くなるので後日紹介します。

 

書籍は、専門書というよりも、独立するにあたって読んだビジネス書がほとんどです。

他は、本棚、印鑑、通信費ですね。

あっ、印鑑は、よく『職業印』が必要とかいいますが、それは作っていないです。

とりあえず、個人事務所の実印、角印、個人印、を作りました。

ここはこだわらずに『押せればいいかな』って感じで、比較的安いものを選びました。

 

まとめ

こうしてみると、事務所借りてない、会計ソフト、税務ソフト買ってないわりに、初期投資に案外かけてしまいましたね。

変にこだわりが出てしまって・・・ちょっと反省してます。

私のケースだと、PCに比較的投資してしまったので、けっこうかかってしまいましたが、特にこだわりがなければ、もっと抑えられると思います(たぶん、半分ぐらいにはなるかと)。

独立開業時は、食べていけるかどうか不安ですから、少しでも初期投資は抑えたいですよね。

私が言ってもあまり説得力ないかもですが。

 

【編集後記】
昨日は仕事の打合せで久々にザギンに行きました。
『精神と時の部屋』からでたイメージです(笑)