『COSTCOは安いのか』と疑問を持っている人に読んでほしい!! 会計士によるCOSTCOとAmazonの価格比較、COSTCOはやっぱり安かった。

スポット

 

どもイケダン会計士です。

先週末にみんな大好きCOSTCOに行ってましたので、それをレポートしたいと思います。

 

そもそもの疑問

わが家では、雨の日のお出かけスポットの一つとして、COSTCOがあります。

わが家には小さい子供(4歳、2歳)がおり、一日中家の中にいると、子供も退屈してしまいますし、親の精神衛生上よくないので、週末はほぼ必ず外出しています。

雨の日のお出かけスポット選びは、ぬれずに、子供が動き回れ、親も楽しめることが大事です。

 

(確か)2年前ぐらいにCOSTCO会員になり、年数回行っています。

行くたびに思っていたことがあります。

『ホントにCOSTCOは安いのかな~???』

COSTCOのビジネスモデルの主な特徴は

  1. 会員収入
  2. 商品数の絞り込み
  3. 大量仕入・大量販売
  4. (ほぼ)現金販売
  5. (会員収入・大ロットを前提とした)低価格

でしょうかね。このうち、『大ロットを前提とした低価格』に疑問を持っていました。

COSTCOで取り扱っている商品は、ほとんど、『こんな量使いきれないなぁ、アメリカサイズですかね~』と感じるほど、量が多い、1個売りはせずに1個以上をパックにしたロット売りです。

一般的なスーパーが取り扱っている商品は、基本的には1個単位ですが、COSTCOはロット単位、このため同じ商品であっても個数が異なるため価格も異なり、同じ土俵での価格比較がしにくいですよね。

まぁ、その場でスマホとにらめっこして、1個あたりの単価比較をすればよいのでしょうが、COSTCOに一歩入ると、購買意欲がかきたてられ、お祭り感もあり、いっぱい入ってるんだから当然安いんでしょ、と勝手に想像してしまい、なんとなくカゴに入れてしまいますよね。

私もその1人で、これまで勝手に安いだろうと想像して、大量買いしていました。

そんなこれまで疑問を払拭すべく、今回初めて、COSTCO価格は安いのかを検証したいと思います。

 

前提

前提です。

  • 比較する商品は、わが家が購入した商品
  • 商品はCOSTCOで販売している1単位で比較(例えば、5個入りで販売していたらそれを1単位)
  • COSTCO価格と比較したのはAmazon価格
  • COSTCOの価格時点は、2018年1月20日

 

COSTCO vs   Amazon 価格比較

じゃーん、これが今回、わが家がCOSTCOで購入した商品をAmazonと比較した結果です。

 

私の当初予想に反して、COSTCOがAmazonより1,391円安い結果となりました(合計ベース)。

個々の商品をみても、ほぼCOSTCOの方が安いですね。

実際には、オムツは1単位ではなく、3単位購入していたりするので(オムツ以外も複数購入している)、上記表よりももっとお得に購入できています。

ただ、上記表では『年会費』を月額としていますが、わが家が実際に年12回も利用しているかと言われると、利用しておらず、行って年6回ですかね。

となると価格差はそこまではひらかない試算結果となります、前提しだいですね。

 

私は当初、『そりゃー、Amazonの方が多少安いでしょ』と思っていました、実際にCOSTCOで購入している時も、そう思っていました。

価格に関する肌感覚なしですね(悲)

 

わが家がCOSTCOで買う商品はほぼ決まっています、ほぼ消耗品です。

COSTCOでは、けっこう商品数を絞っているので、前回ある商品が今回もあるとは限りません。

ですので、いつもほぼ置いてある、使い慣れたもの、ナショナルブランドものを中心に買います。一部、プライベートブランドものも買いますが。

ほんと数年に一度、前から狙っている商品がある場合には、家電等も購入しますが、なかなかそのような機会にはなりません。

食品は嫁に任せていますが、食品もほぼ買わないですね。買ったとしても、パンぐらいです。

 

番外編

今回購入していませんが、パソコンも興味があったので、比較してみました。

 

これまた予想に反してCOSTCO有利でした。

YOGA910は特に安いですね、買いたい時にあれば即買いですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これで私の疑問も解消しましたので、安心してCOSTCOで爆買いできます(笑)

また次回行きましたら、レポートしたいと思います。

 

【編集後記】
今日の天気予報は午後から雪ですね。
大雪にならず子供がよろこぶ範囲で降ってくれるといいですが。