Mac 初心者がMacBook Pro(15インチ)を約1ヶ月使ってみた感想!! もうWindows PCには戻れないかも…

パソコン(PC)

どもイケダン会計士です。

今回は、私が愛用しているMacBook Pro(15インチ、2017モデル、以下「MacBook Pro」という)を約1ヶ月使ってみての感想を紹介します。

私はMac初心者ですので、スペック比較などの詳細なレビューをすることはできず、単に、これまでWindows PCしか使ったことのない者がMacを使ったら、どんな感想を抱くのかを紹介します。

ですので、これからWindows PCからMacへの乗り換えを検討している方の参考になれば幸いです。

 

はじめに

これまでのPC歴

これまで私はMacは使っことはないです、触ったこともないです(スマートフォンもアンドロイドです)。

私の主なPC使用歴(プライベートも含めて)は、NECデスクトップPC→Sony Vaio→LenovoThinkPad→Panasonicレッツノートです。

主に仕事でLenovoThinkPadを愛用していました(仕事上しかたなくですが)。

この通り、Macを触ったこともなく、むしろなんとなく、「高い、使いにくい、専門知識必要」等の悪いイメージを抱いていました。

その私がなぜMacBook Proを購入したのか。

 

MacBook Proの購入動機

単純に外観に惹かれました(笑)

監査法人を退職して、公認会計士等として独立開業する際に必要となる仕事道具としてPCがあります。

監査法人時代は、会社が用意してくれていましたが、独立後はそれを自分で用意する必要があります。

(自己責任で)自分で好きなものを選ぶことができます。

 

2018年1月から開業だったのですが、新しいPCに慣れておく必要もあるので、私は(確か)2017年11月ぐらいに、PCを購入しようと、いろいろ物色しはじめました。

はじめはMacを愛機に選ぶなんて考えてもいなかったのですが、特にWindows PC、Macという枠を気にすることなく、以下の条件で探しはじめました(会計士が通常業務で使用するスペックとしてはもっと低くて十分だと思いますが)。

  • デザイン(使っていてテンションあがるもの)
  • 画面の大きさ(13インチ以上)
  • SSD(256GB以上)
  • メモリ(8GB以上)
  • core i5以上
  • 携帯性

せっかく自分で好きなものを使えるのだから、毎日使っていてテンションの上がるもの、所有感を感じられるものがいいと自然に考えていました。

選んでみると、デザイン以外の条件を満たすPCはたくさんあるのですが、どうもデザインが『いかにもPC』って感じで、これまで監査法人時代に使っていたPCと代わり映えしなく、独立して『やるぞー!!』っていうテンションになるPCはありませんでした。

私がすきなデザインは、シンプル、無骨、無機質(無駄な飾りがなく機能重視)といったところです。

この条件を満たすPCは、(私の中で)Macしかありませんでした。

がしかし、Macを選ぶ障害が…

私の属する会計士業界で使用しいるPCはほぼWindows、Macを選ぶことによって仕事に支障がでるのではないか等の障害に気づきました。

これについては、(少数ですが)同業者でMacを愛用している先輩方もいて、Parallelsというソフトを使用することで、その障害を回避していました(この件については長くなるのでまた別の機会に紹介します)。

 

問題も解決したところで、Macと言っても、ノートPCだと、以下の3シリーズがあります。

  1. MacBook
  2. MacBook Air
  3. MacBook Pro

たぶん、会計士が通常業務をする上では、どのシリーズを選んでも業務に支障はないのだと思います(そんなに高いスペックは不要ですので)。

私は実機を見に行き、触ってみて、やはり画面が大きい方が仕事がしやすいと感じ、携帯性が気になりましたが、15インチであるMacBook Proを選びました。

 

 

よかった点

デザイン

唯一無二ですよね、このデザイン。あっ、嘘です(笑)

最近では、ASUS、HUAWEI等もMacのデザインを真似したモデルをだしていて、かなりイケてると感じていました。

ですが、やはり元祖はMacだと思います。

外観、箱、付属品等々、すべてにおいて妥協していないこだわりが感じられて満足しています。

毎日、PCを開くたび、操作するたびに、テンションあがりますし、道具としての愛着もわきます。

 

これまで思っていたのですが、通常のWindows PCって、はじめからダサいシール貼ってありますよね?

intel、Windowsとかとかのやつです。しかもかなりしっかり貼ってあり、剥がそうとすると簡単にはきれいに剥がせないやつです。

あのシールいらないですよね?ユーザー側からすれば。カッコ悪いし、使っているうちに剥がれて汚くなるし。

その点、Macにはそのようなシールもなる、ほんとシンプルでカッコいいです。

値段は高くて不満足ですが…

 

起動が爆速

起動が爆速ですね。

具体的な比較はできず、あくまで私の肌感覚で恐縮ですが。

監査法人時代に使っていたPCは、ハードディスクがないタイプだったのですが、セキュリティー等のいろんなソフトが入りまくりで、起動は遅いは処理スピードは遅いはで、ほんとに作業しいてる人間の足を引っ張っていました。

PCを使っている人の能力で処理スピードが遅くなるのは理解できますが、PC側の理由で処理スピードが遅くなり、効率性が落ちるのはやってられないですね。

監査法人時代は、ほんとにPCに人が使われていましたよ、不満しかなかったです(セキュリティー等が重要なことは理解していましたが)。

 

ちなみに、私のもう一台の愛機であるHUAWEI matebook xも爆速で起動します。たぶん、両機とも、同じぐらいの起動スピードで、まったくイライラしないですね。

 

 

トラックパッド

トラックパッドがめちゃくちゃ使いやすいですね、ほんとに。

感度が抜群によくて動きがスムーズ、操作もWindowsでいうところの、クリック(左右)だけではなく、ジェスチャ機能が凄いです。

クリック、ズーム、スクロール、拡大縮小、回転、スワイプ等々。

2本指、3本指での使わけもできて、これには驚きました。

詳細はApple HPをご参照ください。

 

私はこれまでマウスを使用しおり、Logicool MXTB1sを愛用しているのですが、MacBook Proのときはマウスの使用頻度がかなり少なくなります。

 

PCでの作業効率を上げるには、マウスは極力使わずに、すべてキーボードで操作できるのがベストです。

マウスを使うと、キーボード→マウス→キーボードという感じで手を動かす必要があるので、効率が落ちます。

ですので、私もできるだけショートカットキーを多様して、極力マウスを使わないようにしています。

この点、Macのトラックパッドは、キーボードとの距離がマウスほど離れていないので、マウスを利用するよりも作業効率を落とすことがないと思います。

キーボードでのショートカットキー→トラックパッド→マウスの優先順次で利用しています。

 

HUAWEI matebook xにもトラックパッドありますが、Macのトラックパッドとは比較にならないですね、レベルが違います(Macのトラックパッドの方が優れている)。

HUAWEI matebook xを使うときは、どうしてもマウスの使用頻度があがります、その分作業効率が落ちしてしまいます。

 

文字入力が楽

(Windows PCでもボタンの割り当て等で対応可能だと思いますが)MacBook Proには、『かな』、『英数』ボタンが別々に用意されているので、これらを1つのボタンで兼用しているWindows PCよりも文字入力がかなり楽になると思います。

 

Macは、半角、全角、ひらがな、カタカナ等の変換もControlキーを利用したショートカットキーが用意されているので、この点も楽ですね。

Windows PCでこれらの変換をするには、通常はファンクションキーを利用すると思うのですが、そのためには、一度、指をキーボードの上の方に移動させる必要があり、多少効率が悪くなります。

この点、Macだと、controlキーを使うので、指を横に動かすだけで操作が可能となり、ファンクションキーを使うよりも効率がよくなります。

 

画面がきれい

MacBook Proは、Retinaディスプレイ、LEDバックライトということもあり、画面がかなりきれいです。

今のところMacBook Proで見たことのある動画は、研修動画のみで、映画等は見たことないのですが、きっと映画等を鑑賞しても十分に満足できると思いますよ。

 

知識がついた

MacBook Proを触ることにより、自然とMacのことを勉強しなきゃいけない環境になるわけで、Windows PCとMacの両方の知識をインプットできるようになりました。

なかなかこの歳で新しいこと初めて、新しい知識をインプットするのって難しいですが、MacBook Proを使い始めることにより、これまで知らなかったMacの世界を勉強できています。

 

Appleサポート

サポート体制がかなり親切で充実しています。

私は、Appleサポートも、Microsoftサポートも利用しましたが、Microsoftサポートは基本的にチャット対応です。

しかしAppleサポートは、時間を予約することにより、向こうから電話をかけてきてくれて、すごい丁寧、親切に電話でも対応してくれます。

これはかなり便利で、お金かかってるなー、と感じてしまいました(笑)

 

 

苦労している点

ショートカットキー

これは『知識がついた』ということの裏返しですが、MacBook ProとWindows PCのショートカットキーが多少違っているため、両方のショートカットキーを覚えて無意識に操作できるようになるのに苦労しています。

私は、MacBook ProとWindows PCのショートカットキー対比表、なるものを机の前に張り出し、よく使うショートカットキーを随時書き足していって、その都度眺めています。

ショートカットキーについては苦労していますが、これはこれで自分の知識になるので、デメリットといった感じではなないですね。

 

携帯性

MacBook Proはさすがに重くて、私は持ち運びを断念しました。

店舗で触ったときは、画面大きいわりに薄いので、『余裕で持ち運べる』と思っていたのですが、薄いけど、大きいし、重いしで、私は持ち運びを断念し、HUAWEI matebook xを追加購入してしまいました。

私の中での使い分けとしては、自宅はMacBook Pro、外はHUAWEI matebook xにしています。

 

まとめ

Mac、使ってみると、そんなに難しくないですよ、むしろWindows PCよりも色々考えられていて、使いやすいですね。

ただし、MacでWindowsも使うとなると、PC代の他に、ソフト代(Parallels、Windows、Office)も必要になるので、その点はデメリットというか躊躇する点だとは思います。

 

 

【編集後記】
明日は、税理士会による自宅訪問です。
聞いてはいましたがほんとにやるとは(笑)
後日、共有しますね。