ホントに『早起きは三文の徳』なのか!? 早起きのメリット・デメリットを考えてみた

Tips

 

どもイケダン会計士です。

本日は、私が習慣化している『早起き』について考えてみたいと思います。

これから夜型から朝型に変えようと考えている方、早起きを習慣化しようと考えている方の参考になれば幸いです。

 

結論から先にいうと、『私は、時間を有効に使えるなら朝型でも夜型でも同じ、得意な時間に起きればいい』と考えています。

 

はじめに

今考えると、私は、昔から子供の頃から、典型的な朝型です。

学生時代から、ぜんぜんストレスを感じずに毎朝6時前には起きていました。

私が朝型とうすうす自覚したのは中学生の頃、仲の良い友人と泊りがけで遊んだ際に、私だけ元気に朝から活動的なのに、他の友人は『眠い』発言を連発していたのを経験した時です。

 

さらに自分の子供(長男)をみて確信に変わりました(笑)。長男(4歳児)は、毎朝6時前に自分から起き、その時点でパワーマックス、起きた瞬間からしゃべりだし、本を読んだり、走り回って遊びます。私の両親に言わせれば『そっくり』だと。

 

私は、特に無理して、頑張って早起きしているのではなく、朝の方が得意、朝の方が体も頭も動くので早起きしています。

私のパワーバロメーターは、朝起きた時を頂点に、その後は時間の経過とともに下降していくイメージです。

 

独立前の監査業務時代は(子供が生まれる前)、7時には事務所に行き、7時から9時ぐらいまで仕事をし、その後クライアントへ移動していました。

FAS業務時代は、まわりが夜型だったため、いたしかたなく私も夜型にせざるを得ない状況でしたが。

 

そして、独立した現在は、4時から4時30分に起床し、子供が起きてくる6時ぐらいまで仕事をしています。

厳格に『4時に起きる』とは考えておらず、『4時頃にでも起きるか』とゆるーく考えています。ですので、4時の時もあれば、4時25分の時もあります。

 

その2時間のタスクは固定しています。

  • ブログ
  • タイピング練習
  • タスク、スケジュール整理

この3つを必ず朝にやります(終わらないときは、子供を保育園に送った後、8時ぐらいから10時ぐらいで終わらせますが)。

 

ちなみに、夜は22時30分から23時までには寝ます。

夜はもう力つきて、何もやる気力が出ないんですよね。テレビもゲームを好きではないので、本を読むか、だらだらネットしているかなので、それなら特に夜起きている意味はなく、さっさと寝てしまいます。

そんな私ですが、早起きのメリットとデメリットを考えてみました。

 

メリット

集中して仕事ができる

朝は活動してる人が少ないので、誰にも邪魔されずに仕事に集中できます、ホント静かですよ。

私は自宅で仕事をしているのですが、外の車の音もほとんど聞こえず、集中できます。

 

この時間だとまだ子供にも邪魔されずに集中できます。

子供が家にいるときは、食べ物、テレビ等の子供を夢中にさせるものを与えない限り、仕事はできないですね。

毎朝、6時頃になると、子供が起きだし、『朝ご飯だよー』と言って、私の部屋に来るので、それが朝の時間帯の仕事終了の合図です。

 

朝は静かで、集中できるので、時間が経つのも忘れてしまいます。

どちらかというと、朝はゆっくり考えることに時間を使っています。

 

先手を打てる

このメリットは朝型に限ったことではないですが。前日の夜でも『先手は打てます』ので。

 

私は、現在は独立して完全に朝型にシフトしていますが、監査法人時代でFAS業務を専門にやっていたときは、夜型でした。

夜はだいたい1時頃に寝て、朝は6時頃に起床していました。

当時は、前日の夜に、次の日の段取り(タスク整理等)をしていました。

 

ですので、『先手を受てる』を朝型だけのメリットではないですが、私は朝型の方が受けるメリットは多いと感じています。

前日の夜に段取り(タスク整理等)をやると、疲れていて、かなり雑になってしまいます、ゆっくり考えることもできません、早く家に帰ってゆっくり休みたいので。

それに比べて、朝は時間が約2時間とたっぷりあるので、その範囲内でゆっくり考えることができます。

 

また、先手というか、時間をギリギリまで使うこともできます。

例えば、9時から打ち合わせがあったとすると、夜型よりも朝型の方が、打ち合わせ時間ギリギリまで資料の修正等ができます。

移動時間等にゆっくり考えて、『こうしたほうがいいかも』と思うことは多々あり、そのような場合には、朝型だと、朝に軌道修正が可能です。

夜に急いで考えて作るよりは、夜にある程度形にして、朝に再確認してファイナル化したほうが、なんとなく精度もあがるような気がします。

 

お客さんへのメールについても、23時59分までに送信したメールが受信トレイ(日次)の最後にきているメールよりも、朝送って受信トレイ(日次)の1番先頭にきているメールの方が、なんとなく気持ちがいいような感じがします(夜型で0時以降にメールすれば同じ結果ですが・・・)。

 

時間を有効に使える

上記2つのメリットを総じてかもですが、朝型の方が私は『時間を有効に使える』と実感しています。

私のケースだと、2時間弱のまとまった時間を確保できます。

これが日中だと、なかなか他に邪魔されてしまし、まとまった2時間を確保することは難しいですよね。

日中は、電話、メール、打ち合わせ等に邪魔されてしまい、まとまった時間は取りにくいです。

朝型だと、誰にも邪魔されず、電話もメールも打ち合わせもないので、ある程度の時間を確保でき、そこで集中的に仕事ができます。

 

デメリット

夜が早い

当然のことならが、朝が早いと夜も早くなります。

 

朝、正味2時間確保しようとすると、2時間前には起きて、準備する必要があります。

最低でも睡眠時間を5時間から6時間は確保したいところですので、2時間早く起きると、その分2時間早く寝る必要があります。

 

会社員の方は、残業も抑えて、定時目標を徹底する必要があります。

私は、監査法人でのFAS業務時代は、朝型ではなかったのですが、残業をほとんどせずに、その分帰宅してから、22時から24時まで、自宅で自己投資や仕事の時間にあてていました。

現在は、自宅を事務所にしているので、以前よりも時間を自由に使えるので、なにもなければ22時30分に寝るようにしています。

 

朝型を徹底しようとすると、夜の飲み等も、積極的には参加できなくなります。

私は、監査法人時代は、ほとんど仕事の夜の飲み会は断っていました、行くのは、忘年会、新年会ぐらいでしたね。ほとんどが、対会社の飲み会で、個人を重視しているような飲み会だとは感じでいなかったので。

逆に、独立してからの方が、飲み会に参加しています。異業種交流会に参加するような人脈を広げるための積極営業はしていないですが、仕事や紹介で知り合いになった方で時間が合えば、飲みに行くようにしています。

 

ですので、私の朝型は、ゆるーい感じですね。そんなに厳格ではないです。

ただ、基本的に朝型の人間なので、何時に寝ても6時前には起床していますし、週末も目が覚めた時間に起きているのですが4時から6時の間に起きてしまします。

 

午後に失速する

朝型にして4時から動いていると、日中、特にランチ後や夕方に失速し、眠くなることがあります。

それを克服する私の方法が2つあります。

 

1つ目は、昼寝をする。

私は、独立前もランチ後に最大15分程度、席で寝ていました。5分でも目を閉じて休むと、その後の効率が全然違います。

 

2つ目は、ランチを食べない、軽めにする。

午後から、大事な業務、打ち合わせがあり、睡魔がくるとヤバイ時には、あえてランチを食べないこともあります。大事な業務が終わった後にでも、私は軽くおにぎりでも食べれば十分です。

 

場所の確保

朝型にするには、朝の活動場所が必要になります、

自宅、勤務先、カフェ等、自分がもっとも効率のあがる場所を確保し、活動するのがよいと思います。

私は、独立前は、事務所だったり、朝から外の場合にはクライアント近くのカフェで、仕事等をしていました。

ただ、私はいまだにカフェでの仕事が苦手で、集中することができません。ですので、なるべく集中できる事務所で仕事をするようにしています。

 

まとめ

『仕事をするなら朝』、『朝仕事をする男はできるヤツ』的なことを言う方が多いように思いますが、私は、必ずしもそうではなく、朝、夜に関係なくもっとも効率的に時間が使える時間帯で仕事をするのがよいと考えています。

私の場合それが単に朝なだけです。無理やり、できる感を出したいために無理して朝型にしているのではなく、もともと朝が得意なため、有効に時間を使っているだけです。

 

『早起き=仕事できる』という誤解に惑わされることなく、自分の特徴をよくつかんで、効率的に時間を使うことをおすすめします。

 

 

 

【編集後記】
本日は午後からとある案件の営業。
自分をうまく表現できるように今から準備します。