BOSE QuietComfort 35 wireless headphonesを購入 音楽素人が約1ヶ月使ってみた感想を紹介します!!

音楽

 

どもイケダン会計士です。

今回は、BOSE QuietComfort 35 wireless headphones(以下「BOSE QC35」)を購入し、約1ヶ月使ってみた感想を紹介します(「BOSE QC35 Ⅱ」の方ではないですのでご注意を!!)。

BOSE製品の購入を考えている方、ノイズキャンセリング機能付きイヤホンやヘッドホンの購入を考えている方、比較的高価格帯のイヤホンやヘッドホンの購入を考えている方の参考になれば幸いです。

 

ちなみに、私は音楽素人ですので、音がいい、ノイズキャンセリング機能がいい、Sony製品よりも音がいい等の評価はできませんので、あくまで素人が使ってみた感想を紹介したいと思います。

 

今、初めて知りました。BOSEのHPからBOSE QC35が消えてますね、すでに廃盤になっています。

確かにそうですよね、BOSE QC35 Ⅱがありますので。

 

はじめに

簡単に私のこれまでのイヤホン歴的なものを紹介しときます。

私は、これまでイヤホンは持ってはいましたが、せいぜい高くて5,000円程度のもの(有線)と3,000円程度のもの(Bluetooth)を使っていました。

使い方としては、会社への通勤時に学習していた英語等を聞いていました。

そこまで、音にコダワリは特にありませんでした、聞こえればいいかな程度です。

 

ヘッドホン以外では、小型スピーカーを持っています。

すでに廃盤となっていますが、BOSE SoundLinks Bluetooth Speaker Ⅲを愛用しています。

キャンプ、バーベキュー等、アウトドアで利用するために購入しました。

家の中でも使いますが、頻度は少ないです。

 

総じて、そこまで音にコダワリはないです。

BOSEの小型スピーカーを買ったのも、音というよりも、無骨なデザイン重視です。

 

動機

BOSE QC35を購入した動機です、、、単純に欲しかったからです。今になって考えてみると、「当時は欲しくて買うための正当な理由を無理やり考えていた」と言っても過言ではないかもです(笑)

気分を変えたかった

独立してから、なんとなく仕事のスイッチが入りにくかったように感じていました。

独立前は、家を出て、駅まで歩き、そこから電車にゆられて勤務地まで行っていましたので、自然にその間に仕事のスイッチが入っていました。

独立してからは、自宅の一室を事務所としているので、なんとなく仕事のスイッチが入りにくく、仕事に集中している時間が少なくなったように感じていました。

外の車の音、話声等の騒音が気になったり。

 

そんな時に、ノイズキャンセリングを知りました。まぁ、昔からありますが。

ノイズキャンセリング機能があるヘッドホン等をつけながら仕事をすれば騒音も気にならずに集中できるかもと考えました。

 

なぜBOSE QC35にしたのか

ノイズキャンセリング機能がついたヘッドホンブランドと言えば、BOSEとSONYの2択だと思います。

なんとなく調べる前から想像はできましたが。

ネットで情報収集し、やはり以下の2択となりました。

銀座に行く機会があったので、ソニーストア銀座でWH-1000XM2を試してみたり、都内の家電量販店で2つの製品を試して比べてみたりしました。

素人の私が感じた印象はというと、

  • WH-1000XM2の方が、なんとなく音がキレイ、すんでいる
  • WH-1000XM2の方が、なんとなくノイズキャンセリングのききがよい
  • QC35の方が、軽く、付け心地がよい
  • QC35の方が、操作がシンプル

ホントに私は音楽素人ですので、音のよさ等は感覚です、なんとなくです。

 

どちらも今まで使っていた5,000円程度のイヤホンからすれば、かなり良い音であるのは間違いないです。

ですので、どちらも高いレベルで、どちらを購入しても間違いないかなと感じました。

後は、所有しての喜びというか、持っていてテンションがあがるかどうか、何を優先するかだと思います。

 

私は、付け心地、操作性、デザインを重視して、QC35を選びました。

長時間つける可能性があるので、少しでも軽く、耳が痛くなりにくいものがいいと考えました。

操作性については、WH-1000XM2はヘッドホンを付けたまま耳に手をかざすだけで操作できる機能がついており、私はそれが邪魔な機能と感じました。

あえてQC35ⅡではなくQC35にしたのも、グーグルアシストが不要と感じたからです。

デザインにつては、昔からBOSE製品の無骨なデザインが好きで、WH-1000XM2はレザー等を使い高級感を出しているのが見えみえで好きにはなれませんでした。

 

安かった

最後に私の背中を押してくれたのは、Amazonのタイムセールです。

QC35が欲しい、と考えていた時でした。

通常は4万円近くの価格で、あまり値引き販売もしていないQC35のタイムセールをAmazonでやっていました。

値引き後の価格は約3万円でした。

もう買わない理由はないです(笑)

即決で、「ポチっ」でした。

 

使ってみた感想

集中力が高まった

当初予想以上に、仕事中の集中力が高まり、仕事に専念できるようになりました。

仕事の途中で外部の騒音に気をとられることがなくなりました。

付けると、これまでかなりの生活音がしていたことにも気づきました。

 

あまりに外部の騒音を遮断できるので、急に誰かが近くにくるとビックリします。

私は、毎朝4時から仕事をしているのですが、その際もQC35を付けています。

6時付近になると長男(4歳児)が起きて、私の部屋に来るのですが、私はQC35を付けており、長男の足音が聞こえてこないので、長男は急に私の隣に表れて、私を脅かします。

ホントに無音で急に表れるので驚きます。

 

長時間使っても耳が痛くならない

私は、最長で、早朝2時間、午前4時間、午後5時間ぐらいQC35を付けていることがありますが、ほとんど耳が痛くなること、付けている重みで首や頭が痛くなることはありません。

やはり、軽さは重要と感じています。

 

QC35は234g、WH-1000XM2は275g、その差41gは小さいようで長時間となると大きな差になるように感じました。

これも想像通りでした。

 

バッテリーの消費も気にならない

連続再生20時間ですので、バッテリー切れも気にならずに使っています。

私はスマホと繋げていることが多く、スマホにQC35のバッテリー残が表示されるので、仕事終わりにバッテリーを確認し、少なくなっているなら充電するようにしています。

毎日、常時、定期的に充電しなきゃとは感じずに使用できます。

これも想像通りでした。

 

耳が暖かい

これは想定外でした。

よく考えれば確かにそうですよね、QC35は「オーバーイヤーヘッドホン」で、耳をすべて覆っていますので。

QC35が熱を発しているということではなく、自分の体温がこもるため、耳が温かくなります。

 

購入を検討しはじめたのが寒い時期でしたので、その時は耳が暖かくなるなんて気にもしませんでした。

今まで、オーバーイヤーヘッドホンを使ったことがなかったので、事前に気づきもしませんでした。

 

今は4月ですので、まだそこまで気になりませんが、これが7月とかになると、暑くてQC35を使う気がうせるかもしれません。

これがQC35を使ってみた今のところの悩みですね。

 

イヤホンタイプも欲しくなった

「耳が暖かい」という悩みを解消するためには、オーバーヘッドホンタイプではなく、イヤホンタイプにすれば大丈夫。

ノイズキャンセリング機能がついたイヤホンタイプも欲しくなってしまいました。

 

これまたBOSEとSONYの2択になりそうですが、なんとなく夏が近くなったら買ってしまうような気が今からしています。

 

私の使用形態は、事務所での仕事中だけで、外には持ち出すことを想定はしていません。

私は外だとどうしても集中して仕事等ができないんですよね。

耳をふさいでも、目をふさぐことはできないので、目に入ってくる情報に気が散ってしまいます。

これまで図書館での受験勉強とか、カフェでの仕事等は積極的にはしていません、いたしかたなくしかしていません。

 

まとめ

ほんとにノイズキャンセリング機能がついたヘッドホンおすすめですよ。

これまで比較的高価格帯のイヤホンやヘッドホンは半信半疑でしたが、仕事等に集中したい方はノイズキャンセリング機能付きを買う価値はあると感じています。

QC35ではなくWH-1000XM2を買っていても同じように感じていたと思います。

ぜひおすすめします!!

 

 

【編集後記】

4月にたくさん仕事を入れてしまい、自分の時間をあまり確保できない状況です。
反省しております。
ですので、ブログ平日毎日更新は厳しいかもで、最低でも2日に1回更新できればと考えております。
ご迷惑をおかけしてすみませんです。